■思い出まみれ




潮の香りがなつかしい
むかしあいつと すごした町さ
尾びれが欠けた人魚姫
お店のボードに 灯がともる
「あなたなんか あなたなんか…もうきらい」
かわいくすねてた ゆめ酒場
(会いたいわ)…寄ってこか


貝がら模様の カウンター 
しみじみ水割り 注ぎたす未練
あこがれ肩寄せ 背伸びして
飽きずに見てた 海の色
「あなたひとり」「おまえだけさ」若かった
思い出まみれの ウミネコか
(会いたいわ)…からさわぎ


「おまえなんか おまえなんか…わすれたよ」
思い出まみれで 強がって
(会いたいわ)…せつないね

               本吉すみれ