■墨絵師




雨戸夜っぴて蹴飛ばしやがる
ほんにヤクザな 春の風
しけた 平土間 しなびた草履
朝餉かまどに火打石hiutiを鳴らす
いっそ馬でもころげて来いや
絵にもならない
絵にもならない絵師ぐらし


水の流れも うろこの銀も
墨のひと刷毛 墨のワザ
絵筆いのちは おこがましいが
破れ戸板に仏の顔を
描けば見えるか 地獄も夢も
背中合わせの
背中合わせの うらおもて


絵筆やすめてながめる月は
さくら散らした 江戸の空
冴えてつめたく 想いは熱く
月をとらえて 屏風に据えりゃ
獅子の眼となれ 天下tengaに吼えろ
あすは陽の目の
あすは陽の目の絵師ぐらし